勝てる!受験

受験の焦りはだれでも感じるもの

受験が近づくとだれでも不安に思ったり焦りがでてくるものです。
なぜそのような焦りがでてくるのかというと、勉強しているのに思うような成果が感じられないからというのが大きいです。
たとえば模試をやってみて自分ではまずますの手ごたえを感じていたのに模試の結果がでたら、そんなによくなかったとか、手ごたえを感じられずにがっかりしてしまったということはだれにでもあるのものです。
でも一番大切なことは、気持ちがみだれて目の前の勉強ができなくなるということです。
受験に大切なのは、毎日コツコツと努力をしていくということです。
きちんと自分のペースで勉強をし続けられていれば、力というのは自然とついていくものなのです。
そして試験のときに本当の力が発揮することができれば合格することができるのです。
ですから、焦りを感じたとしてもそれに引っ張られない気持ちをもっていくことが一番大切だということです。
あまり回りの声に振り回されないことも必要でしょう。

受験に焦りは禁物です

受験というと、なにかと精神的に不安になったり焦りを感じるものですが、予定通りに勉強の計画が進まないからと焦りを感じていくのはやめたほうがいいです。
というのも受験の大きな目的というのは、合格することであって計画の進捗状況ではないからです。
また模試の結果が振るわずイライラしたり、成果がでないからとやる気がなくなる人もいますがこれも、問題外です。
模試とはあくまでも模試でり本番の試験とは違うものだからです。
模試は自分が苦手な問題や、学んでいないことの確認のためのものですから、間違ったりしたら再び間違えないようにすればいいだけなので、焦る必要などまったくないのです。
ですから受験までは毎日淡々と日々の勉強に没頭する姿勢があれば志望校にも向かっていけるといえます。
いつも焦ったりイライラして、肝心の勉強ができないということは絶対にしないように気を付けていったほうがいいのです。
受験は自分の心との戦いともいえます。

check

ネイルスクールを名古屋で探す

2018/4/20 更新