勝てる!受験

受験前の食事で気をつけること

受験前には風邪をひかないようにと体調管理を十分にしている人も多くいますが、食事も受験前には特に気を付けてほしい体調管理のひとつです食事をとる時間も無駄といって簡単に済ませてしまいがちかもしれませんが、きちんと食べることは勿論のこと、食材の扱いにも気をつけてほしいものです。
例えば、刺身などの生鮮食品を生で食べることや、天ぷらや揚げ物などの油物を食べることはなるべく避けたほうが良いでしょう。
特に受験前は睡眠不足や精神的にも辛い状況であるので、体力や免疫が下がっています。
そのため普段では何も反応しないことでも、少しの変化で体が反応し腹痛をおこしやすくなったり、胃がもたれやすくなりがちです。
受験は一度きりのチャンスしかないのがほとんどです。
せっかく頑張ってきた1年を万全の態勢で迎えるためにも、家族にも協力してもらうことが必要です。
野菜はスープなどで火を通し、消化が良くバランスの良い食事を摂るように心がけるべきです。

受験時期の食事メニュー

大学受験の場合は推薦入試のAO入試、指定校推薦、一般公募推薦とセンター試験があり、書類審査と面接だけの学校もあれば、文字数を決められた中で自己推薦書と課題レポートの提出準備が大変な学校もあります。
面接だけでも学校・塾でのアドバイスがあり、泣きながらの特訓となることもあります。
それにレポート作成があれば準備は更に大変です。
受験生となれば3年夏休みから家にこもっているか、塾にいるかのどちらかでしょう。
楽しみといえば3度の食事と間食ぐらいしかありません。
集中して勉強していれば、相当お腹が空きます。
脂っこい肉ばかりでは胃もたれしてしまいます。
肉・魚に含まれる油で十分なので食用油は少量で調理を行います。
さっぱりしたものが食べたい時は刺身、風邪引きそうな時には消化がよく温かいものなど臨機応変に、たんぱく質・ビタミン・ミネラル・カルシウムを含む野菜を多く取り入れ、カラフルな食卓を心掛けたいものです。
麺類、パン、ご飯を交互に出す工夫や、栄養ばかりに捕らわれず、間食で好きなお菓子、飲み物を用意することもリラックス効果大です。
一般入試までの半年ほどはこもりがちな生活になるので運動不足になります。
本屋に散歩、たまには友達との交流で気分転換も必要です。
リラックスできる環境がないと良い睡眠も得られませんし、食欲も沸かなくなります。
食事以外に生活環境を見守ることが受験期をうまく乗り越えられるでしょう。

recommend

大阪の美容皮膚科

最終更新日:2018/6/15