勝てる!受験

適度な運動が受験性には必要

受験と運動は、一見関係がないように思われますが、実は深い関係があります。
受験生が時間がもったいないからと、勉強ばかりしていると、頭の働きが鈍くなり、かえって勉強の効率が下がります。
なぜなら、脳は、体の器官の中で酸素をもっとも消費する器官であるからです。
頭脳労働である受験勉強は、脳を激しく長時間にわたって使うため、たくさんの酸素が必要になります。
ところが、勉強ばかりしていると、酸素の消費量は大きくなるのに、血行が悪くなるので、酸素の供給量が落ちていきます。
その結果、十分な酸素が脳に届かず、頭の働きが鈍くなり、勉強の効率が落ちることになります。
勉強の合間に軽い運動を組み込むことによって、血行がよくなるので、頭の働きもよくなり、結果として受験勉強がはかどります。
具体的に何がよいのかというと、ジョギングやランニングなどの有酸素運動です。
脳にたくさんの酸素が供給されるようになり、ストレスの解消にもなります。
ただし、あまりやりすぎて疲れてしまうのはよくありません。
軽い負荷を与えて、少し休んだ後で勉強を始めると、効率がアップしてくるはずです。

受験勉強を効率よくする運動とは

受験勉強に集中していると、どうしても体を動かすことが少なくなってしまいますが、運動を効率よく取り入れることによって、受験勉強の質は向上します。
特に、記憶力と集中力が向上する効果が期待できるとされており、1日に10分程度の簡単なものでも効果があります。
取り入れる運動の種類は、ウォーキングやランニング、負担をかけすぎない程度の筋トレが手軽で簡単にできるでしょう。
また、エアロバイクなどの機器が自宅にある場合には、それらを使用して少し汗をかいてみることでも効果があります。
これらによって、脳からのドーパミンの分泌が促進される他、筋肉を動かしているので、全身の血流量が増加して脳を活性化していきます。
この結果、記憶力や集中力の向上につながります。
また、受験勉強中にうまくいかない時など、精神的に厳しい状態でストレス解消目的で運動することも良いことです。
これは、軽いストレッチや貧乏ゆすりのようなもので十分です。
ストレスを適度に解消することによって、気持ちの切り替えを行うことができる上に、リラックスしている間に、何かをひらめくこともあります。

Valuable information

ロレックス エクスプローラー 買取

2017/6/8 更新